事業概要

小規模病院等看護職員現任教育体制整備支援事業
【目 的】
急性期病院において、高度医療を受けた患者の回復期の医療は、地域の医療機関が担うこととなるが、看護技術の高度化・専門化している中で、様々な医療的ケアが求められる。しかし、地域において、この役割を担っている小規模の病院では、人材不足から近年の医療の高度化に対応できる取り組みが十分でないことから、先進的医療に対応できる看護技術の習得により、看護実践能力の向上を図る。
【概 要】
道内4ブロック(函館・釧路・名寄・砂川)に分割し、各地域で抱えている看護に対する問題・ニーズを把握し、研修を実施する。 きめ細かな研修が行えるよう研修支援担当看護師の育成、ネットワークの強化、研修支援システム構築に係わる会議等、人材育成も行う。
【3つの事業内容】
  1. 先進医療実施機関での臨床研修
    1. 地区での代表的医療機関(自治体や大規模病院)に集合しての看護技術研修
    2. 小規模の各医療機関等が集合しての看護技術研修
  2. 小規模病院等における出前講座看護技術 小規模病院等に講師を派遣する看護技術研修 ※札幌市を除く・小規模病院等~自治体病院に限らず、200床以下の病院
  3. 研修の備品、機材、DVDなどの貸出 ・嚥下のメカニズムの模型 ・褥創ケアシュミレータ- ・各種教育DVD ・吸引シュミレーター ・手背静脈注射シュミレーター  などなど
事務局

〒041-8680
函館市港町1丁目10番1号 市立函館病院内
函館市病院局管理部

担当:芳村、松倉
TEL 0138-43-2000(内線4222)
FAX (0138)43-4434
E-mail:ns.skills.hokkaido@gmail.com